6000万の美談を狩れ!

特捜最前線』第131話「6000万の美談を狩れ!」は、もともと反りが合わなかった桜井と橘が、完全に対立して捜査を進める話。「そんなんじゃ捜査は出来んぜ!」「誰に向かって口きいてんだ、てめぇ」とか言いあうヒリヒリ感が凄い。強盗による他殺か、それとも自殺か、で引っ張っておいて、実は……というのも素晴らしい。二人の対立は今回がピークで、この後、段々と仲良くなっていく。それにしても、今回の橘は何故こんなに甘ちゃんなのだろうか。

非情の街・ピエロと呼ばれた男!

丸一日何もせずに過ごす。先立つものがなきゃあ、何もできぬ。

特捜最前線』第129話「非情の街・ピエロと呼ばれた男!」は、何がどう非情の街なんだか、別に面白くもなんともない話である。まぁ、演じた人にとっては思い出深くても、見てるこっちには関係ないからな。

The Nature of Things

毎度毎度「もうCDを買うことはあるまい」とか言いながら、また買っちゃったわけだ。アルトサックス奏者レニー・ハンブロの『ネイチャー・オブ・シングス』。スイング・ジャーナルの幻の名盤読本にも載ってるアルバム。ハンブロのリーダー・アルバムには『メッセージ・フロム・ハンブロ』ってのもあって、どっちを買うかかなり迷った。『メッセージ~』には自作の「The Lonely One」って曲も入ってるし、アルトだけじゃなくてフルートを吹いてる曲もあるから、なんかお得感を感じて、ギリギリまでこっちを買おうかと思ってたんだけど、全体的に暗いなぁと思ったもんだから、結局『ネイチャー~』にした。それにしても、これも1956年録音か。やっぱり、この辺りの時代が最高だな。

人間ドック

痰は上手く出せないまま人間ドック。尿検査だって、そんなに都合よく出るもんじゃない。起きたら一回はトイレ行くでしょ? その後、飲まず食わずで、どうやって出せってのさ。採血もいつも時間がかかる。私の血管は細いうえに、奥の方に深く沈んでて、おまけに蛇行してるらしい。さっさと手の甲から採ってくれりゃいいのに、いつも粘られる。結局、手の甲から採るのに。そしてバリウム飲んだからって貰う下剤なんだけど、私ゃ下剤なしでも出ちゃうのに、すぐ飲めってうるさい。これから昼飯なんだぞ。腹が痛くて困るじゃないか。というわけで、もうちょっとナントカしてほしい人間ドックで半日潰したのであった。

裸の街 II ・最後の刑事!

明日は人間ドックに行く。3日間、朝に痰を出せって言われるんだけど、そんなもん出ないのよ。よく道端でカーッ、ペッ!ってやってるジジイがいるけど、なんであんなことできるんだろう。

特捜最前線』第128話「裸の街 II ・最後の刑事!」をもって、船村は退職。退職編として、これほどまでによく出来た作品があるだろうか。最後の取り調べのシーンは涙なしには見られない。そして、神代との別れのシーンも、ぐしゃぐしゃになってる神代が素晴らしい。