今だけのあの子

ボロボロに疲れてて、何もする気にならず、ずっと横になってたら、突如息子が入院しなきゃならんことになって、結局バタバタ過ごすことになった。私が休むとろくなことがない。頼むからゆっくりさせてくれ。

芦沢央『今だけのあの子』、短編集で、各話にほんの少しずつ関係はあるんだけど、別になくたってなんとも思わない程度。つながりを作る意味なんかあったんだろうか。面白かったけど、少し薄味かなぁ。

明日休みを取っといてよかった……

昨夜は遅くまで飲んでたのに、今朝は8時過ぎに家を出て、息子のクラブの試合に行く。久しぶりに勝利を見たなぁと満足していたら、勝ったから昼からも試合だってんで、結局帰ってきたのは17時過ぎ。試合と試合の間が長すぎるし、おまけに会場周辺には何もない。コンビニすらない。昼飯喰いに行くのも一苦労。もうちょっと考えてくれなきゃつらすぎる。暑さにもやられて、へとへとになってしまった。

謎の飲み会

高校卒業してから一度も会ったことも喋ったこともない同級生から飲みに誘われて、十三まで行ってきた。私を含めて4人なんだが、うち1人は確かに同級生らしいが一面識もない奴。どういう趣旨の飲み会なんだろうか。どうも幹事になった奴が、今でも連絡先を知ってて、かつ関西圏にいる奴を選んだだけらしいが、不思議な会だった。

熟睡したい

金曜の夜の解放感は格別だなぁ。特に大忙しってわけでもなかった一週間だけど、楽しんでたわけでは決してないので、これでゆっくり寝られるぞって思えるだけで嬉しい。実際には、そうぐっすり寝られるわけじゃないんだが。一体どうすれば泥のように眠れるのか。朝まで一度も目を覚まさずに寝てみたい。いやマジで。

名探偵はひとりぼっち

宇沙美ゆかりは可愛かったよなぁなどと思いつつ、YouTubeにあった『名探偵はひとりぼっち』を見る。1985年作品ということで、脇を固める内藤剛志西岡徳馬の若さにビックリ。それに、先日訃報が届いた中尾彬も出ていて、なかなかのお宝映像だった。お話自体は他愛ないものです。木曜ドラマストリートの一本ということだけど、月曜ドラマランドだと言われても分からない程度。いや、それにしても宇沙美ゆかりは可愛いぞ。

V.マドンナ大戦争

『V.マドンナ大戦争』は、DVDにもなってないし、配信で見られるわけでもない不遇な作品。YouTubeにあったのを見たが、タイトルは英語で出るし、英語字幕はついてるし(でも「300万円」を「¥30,000」って書いてある)、激しい暴力シーンになると急に画像が乱れまくるし、単にVHSをアップしましたってんじゃなさそうなのが謎。お話自体は大したことないし、演出もダルダルだし、映画としてはあんまり褒められたものではない(もっとアクションに長けた人が監督してりゃ大化けした可能性はある)。宇沙美ゆかりは可愛いのに、もったいない話だ。

現代詩人探偵

紅玉いづき『現代詩人探偵』、詩人って、そんなに死にそうな人ばっかりなの? とも思うけど、思いつめる気持ちってのはよく理解できる。ものすごくシンパシーを感じたんだけど、ミステリとして面白いかと言われると、ちょっと……。健全な人が呼んだら、ただウザいだけなんじゃないかしら。俺って詩人気質なのかなぁと少し心配にもなった作品。