伊福部昭

何もしなくても、連休というのは、すぐ終わるのである。何もすることがないのでエヴァQを見たが、やっぱりサッパリ分からなかった。て言うか、最初のシーンとか、妙に画面がくすんで見えるのは、何か規制がかかってるのか?見にくいぞ。

続いて、文藝別冊「伊福部昭」などという渋いムックを読んだが、音楽の話になると、これまたサッパリ分からん。字で「タタターン」とか書かれてもなぁ。こないだやってたNHKの特集番組で、初めて片山杜秀の動いているところを見たが、喋り方が気持ち悪かった。あのイメージで文章を読んじゃったんで、どうにもこうにも。

伊福部の曲を、ちゃんと聞こうという気になれんのは、やっぱり私にクラシックの素養がないからかしら。あのSF交響ファンタジーですら眠くなっちまうもんだから、日本狂詩曲だのシンフォニア・タプカーラだのは、興味はあるけど、絶対聞きとおせない。普通のサウンドトラック以外は無理だと思う。

ところで、『ペテロの葬列』というドラマを、たまたま見たら最終回だったんだが、あの狂った奥さんは何なんですか?で、旅に出た小泉は、新しい浅見光彦になるんですか?